note pro編集部おすすめnote

32
記事

ブランドとは何か。ラグジュアリーとプレミアムの違いとは何か。

はじめまして。株式会社Clearマネージャーの高良です。 仕事では主に、SAKE100のブランドマネジメントを担当しています。 SAKE100は"ラグジュアリーブ...

年末のご挨拶に代えて、2019年を振り返る

実行者、支援者、パートナー、経営陣、メンバー、READYFORをかたちづくる人たちの「想い」に光を当てて、届けてきたREADYFOR note。1年で50本以上の記事...

formrunの3周年を迎えるにあたって感じた「プロダクトを成長させるために必要なコト」

みなさんこんにちは。株式会社ベーシックの甲斐と申します。先日、私がプロダクトオーナーを務める「formrun(フォームラン)」というサービスが、正式...

VALUとアドベントカレンダーと

こんにちは。 VALU社でエンジニアやっています菊池です。 今日は、VALU社のアドベントカレンダーの宣伝をします。 ↑今年もQiitaさんにお世話になりつ...

目の前にいない患者を幸せにする時代

『目の前にいる一人一人の将来を想い、全力で幸せにする』 2011年春。私が、理学療法士の国家資格を取得し、最初に臨床現場に降り立ったとき、自分が”...

「強い人をどう採用するか?」に挑戦したCX(候補者体験)向上実験とissue採用の裏側を...

「強い人材を採用したい」 どのステージのスタートアップにとっても、これは永遠の課題です。採用における競走が激しくなる中で、より一層難易度は上が...

契約形態を問わず、強い人材を仲間にする採用手法「issue採用」の実験を始めます

プレイドは、11月27日にGoogleからの出資を発表しました。 GINZA SIXにオフィスを構え、社員が100人を超え、調達をしたスタートアップとなると仕上がっ...

Googleからの出資を受けてKARTEはどう進化する?プレイド代表の倉橋に聞いてみました

「これはKARTEが目指す世界に近づく”小さな”一歩なんです」 そう語るのは、プレイド代表取締役 CEOの倉橋 健太。2011年にプレイドを創業し、2015年に...

応募者の人生と会社の結節点を見つける。一年で40名を採用した人事担当の頭の中

2018年秋に資金調達を実施し、2019年初めにはメンバー数が100名を突破したREADYFOR。毎月さまざまな専門分野を持つ新しいメンバーが入社しています。 ...

「人の成長 」と「 事業の成長 」について、マネージャーとして大事にしている3つのこと

みなさんはじめまして。 10月よりエンジニアリングマネージャーとしてVALUにJOINした山口です。 趣味は美味しいものを食べること。最近一番美味しかっ...