note pro編集部おすすめnote

4
記事

僕が4年前に光文社の最終面接で話したこと|#私の光文社新書

こんにちは、光文社新書の高橋と申します。編集部唯一の20代です。 諸先輩方の精神年齢が若いのか私のおっさん化が加速しているのかわかりませんが(た...

専門家記事に求めらているのは「分かりやすさ」と「発見」

もう12月…これからの季節は寒さで骨から震えるアナミです。すでに春が待ち遠しい。 さて、今回は専門家記事に求められている2つのことをお伝えします...

私たちが考える「専門家」の定義。目指す専門家との関係 #専門家@メディア

猫が大好きなのに猫アレルギーのアナミです。直接触れないのが悔しくて、SNSで猫のかわいい動画を漁りまくっています。 さて、専門家@ホームがはじま...

OSTというディスカッション手法を使ったら、いくつか社内プロジェクトが生まれた

KaizenPlatformで学生インターンをしているDaikiです! 社内で発見した面白いことを発信していきます。 今回は、Kaizenの合宿でも取り入れられているO...